東京都府中市・エスペランサステンドグラス工房・教室 エレガントなステンドグラスのウェルカムボード制作

crojiroo.exblog.jp

絵付け(2)

さて、「絵付け」ですが・・・
         「ガラスに絵を描くってどうしたらいいの?」
という質問を、ステンドグラス教室を始めてから、わりにしょっちゅう頂くことがあります。
たしかに、ガラスって、油性ペンで描いても水洗いすれば消えちゃうし、
市販のホビー用の絵具で、100~200度程度のオーブンに入れれば焼きつく絵具も売っていますが、耐久性はほとんどナシ。ちょっと爪でひっかくと、ぽろぽろっととれてしまったり。
もっとちゃんと耐久性も耐光性もあって、
紙に絵を描くように、ガラスに絵を描きたいときはどうしたらいいの?

そんなとき。いくつか技法はあるのですが、
今回はヨーロッパ伝統の技法で絵や文字を書く方法をご紹介したいと思います。
それが「絵付け」です。
用いる材料は「グリザイユ」という金属の色粉です。おもに茶色、黒、グレイ、などの渋めの色が多く、中には、青や緑もあります。

現在製作中のウェルカムボードより、絵付け途中の画像(^^)
c0035926_1257597.jpg

黄色やクリアのガラスの上に、赤褐色のグリザイユで絵付けしています。
c0035926_12572938.jpg

この作品の場合は、グリザイユをガラスの表面に均一に乗せて乾かしたところを、竹ペンを使って掻き落として絵を描いていきます。
もちろん、普通に筆にとってラインを描いてくことも出来ます。

こうして、ガラスを約600度くらいの高温の窯で焼くと、ガラスの表面についたグリザイユが
ガラスと一体化。そして、そのあとは、水洗いしても落ちない状態になります。

c0035926_12582326.jpg


フル絵付けのウェルカムボード・・・・うわ、果てしなく贅沢です(^^;)
まあ、自分のだし、この際、徹底的に自分の趣味に走ってしまっています。
うん、よしとしちゃおう(*^^*)
[PR]
by crojiroo | 2005-06-10 12:57 | ウェルカムボード