東京都府中市・エスペランサステンドグラス工房・教室 エレガントなステンドグラスのウェルカムボード制作

crojiroo.exblog.jp

ウェルカムボード制作過程(2)

次に、デザイン画を原寸大に拡大して、厚手のケント紙に描きます
この段階で技法的に不可能なデザインはないか、
全体のバランスはどうか、最終チェック

c0035926_2047367.jpg


文字も配置してみてバランスを見ます。

そしてガラスの選択
デザイン画を描きながら、どんな色合いにしようか
おおまかなところは決まっているのですが、

色ガラスには様々な種類があって
実際に選ぶとなると、水彩で描いたデザイン画とは
勝手が違ってきます・・・。

c0035926_20484580.jpg

単純に透明と言っても、
色々なテクスチュアがあり・・・

c0035926_2049529.jpg

乳白といっても、こんなふうにまだらなもの
(猫の足跡と言う意味で、キャッツポーという模様です)

緑も、黄色、クリーム色から黄緑、深緑までまざったもの
(これはさらにほんのりとラメがはいっています)

ピンクも、こうしてみるとしろとピンクのマーブルのようで、
光にすかすと、キャッツポーです。

このさき、ガラスをカットしていく途中でも、
ガラスは多少入れ替えがあるとおもいますが

まずはこの4色をメインに。
[PR]
by crojiroo | 2007-04-23 20:52 | ウェルカムボード