東京都府中市・エスペランサステンドグラス工房・教室 エレガントなステンドグラスのウェルカムボード制作

crojiroo.exblog.jp

ウェルカムボード制作過程(4)

型紙をつくります。
ケント紙に書いた下絵を切り抜いていきます。
型紙ライン1ミリは残して切り抜きます。
(今回は鉛線組みではなくコパーテープなので1ミリ。
鉛線組みのときは2ミリ残します)

c0035926_10231018.jpg


カッターで地道に。
本当は1ミリバサミという、三枚刃のはさみがあり、
それで切ると自動的に1ミリラインが残って切れるベンリツールがあります。

でもそれをつかうと時々型紙が反ってしまったり変なクセがついてしまったりするので
私はあまり好きじゃなくて・・・

地道な作業がすき、
というのもありますが(笑)

1ミリ。
人間の感覚と言うのは鋭くて、
なれてくると、定規で測らなくても、目測で1ミリがわかるようになります。





 車を運転する夫は、
 「10キロ先のガスステーションまで、、、○分くらいかな」
 とか、
 「○分だったら、距離にして○キロくらいかな」
 とか、すっと計算できる。

 最近では女性でも車を運転できるのが当たり前の世の中、
 運転しない私は「距離と時間の感覚」がゼロです・・・。

 でも、ミリの長さの感覚は自身あり!
 自分の爪の切りカスをみて、
 「うん、2ミリだ」
 とか思う・・・。

 あんまり自慢できないのが哀しいです(笑)
[PR]
by crojiroo | 2007-04-24 10:25 | ウェルカムボード