東京都府中市・エスペランサステンドグラス工房・教室 エレガントなステンドグラスのウェルカムボード制作

crojiroo.exblog.jp

ウェルカムボード制作過程(6)

絵付けです。

c0035926_117949.jpg


今回はレタリング。
グリザイユというガラス専用の絵の具(粉)を
ワインビネガー(赤)で溶きます。

 
よーくよーくすり合わせます。
すればするほど滑らかになり、粒子が細かくなり
いい絵の具になります。

短くて数十分、ながくて数時間。
これは人によっていろいろみたいです。

これもまた根気根気の作業。
お酢のにおいがアトリエに立ちこめます。

光台(ガラスのテーブルのしたにライトを設置したものです)
の上で絵付け。

ラファエルの筆で一文字づつ。
このメーカーの筆はべらぼうに高価ですがたしかに高品質。
お手入れをしっかりすればかなり長く使えます。
(10年あまり、買い換えたことはありません。すご~い、ラファエル!)

はみ出したら楊枝や綿棒、カッターの先端で修正していきます。

写真手前に見える木材は腕台です。

  (グリザイユについて)
  グリザイユは、

   水で溶くと、ガラス面に対する吸着力が薄く、修正が楽ですが
  手でこすって台無しにしてしまう危険性も大きい。
  アラビアガムを少量混ぜて吸着力を微調整します。
  陰影をつけるのに用います。

  ワインビネガーで溶くと、ガラス面に対する吸着力は強くなります。
  修正の際には、綿棒にワインビネガーを含ませて少しずつ修正します。
  おもにライン描きに用います。


c0035926_11131012.jpg


これも気合と根気。
[PR]
by crojiroo | 2007-04-24 11:13 | ウェルカムボード