東京都府中市・エスペランサステンドグラス工房・教室 エレガントなステンドグラスのウェルカムボード制作

crojiroo.exblog.jp

N様ウェルカムボード途中経過

c0035926_3381716.jpg

こんばんわ・・・真夜中に、というより、まもなく夜が明けてきそうな時間ですね、
こっそりと居間でパソコンを打っています。
すぐ横の和室で陸と夫が寝ているので
あんまりパチパチやると
起きてしまいそうで怖いです・・・!

さてさて、今回は、
ロマンティックでクラシカルな赤坂プリンスでご結婚のご予定の、
N様のウェルカムボードです。

職場の先輩方が出資し合って、お祝いにN様に贈られるものだとか。
優しい先輩方ですね~~!

先輩からお話を聞き、とても優しい雰囲気の花嫁さんということで、
赤坂プリンスのとても雰囲気のあるクラシカルなムードも取り入れて、
キュートにデザインしてみました。
c0035926_3384126.jpg


白バラには、
フランス製のサンゴバンという高級ガラスを。
ピンクも同様。ピンクは発色に金を使うため、
ものすごい、高価なのです。
ポイントで、ピカッと光って欲しいので
ついつい、いいガラスを選んでしまいます。

画像はガラスカットが終わったところです。
バックにど~んと使った複雑なピンクや黄色のガラスは
ブルザイという名前のガラス。
流れるような模様が非常に美しいので、その流れを損なわないようにカットします。

ということは、1ピースたりとも、カットの失敗は許されない・・・のよね、
と型紙を並べながら、ちょっと緊張しました。

c0035926_342614.jpg


無事にカットできてほっと一息。。。。

ガラスを並べてみて満足満足。


そういえば、数年前は、あまりカラフルなデザインは苦手だったのに、
最近はすっかりカラフルモード全開。
教室の生徒さんたちはよく、
「ガラスを選ぶのが難しい!色々な種類がありすぎて、どうしたらいいのか
困ってしまいます」
と相談されます。

ガラスの色選びの場合、
あくまでわたしの頭の中の感覚なのですが、
色を選びつつ、ほかにも、「透明度」を気にします。

同じ白でも、真っ白と乳白、
同じ透明でも、キラキラした模様入りから波のような大きなうねり。

そして、
不透明なものと、半透明なものと、透明なものとを隣り合わせた時の相性が
実は結構ポイントなのかな・・・?

と、普段は意識せずにやっていることなので
あらためて言葉にして伝えようとすると難しいですね~




さて、今回は秋までに3作品を仕上げなければならないため、
急遽、長年の友人のOくんに助っ人にきてもらいました。

彼はとにかく作業が早くて、綺麗で、正確!
ステンドグラスなんて経験ゼロなのですが、
持ち前のものすごい器用さですいすいと作業をすすめてくれます。

ガラスを研磨しながら、
「なんか、コレ、楽しいかも・・・」とニマニマ。

大好きだというポン・デ・リングを食べながら。
Oちゃん、本当にありがとう!

普段は黙々とひとりで作業しているのですが、
こんな風に友人と話しながら作業が出来ると、ちょっと嬉しかったです。
また来週もよろしく・・・・!!(^^)
[PR]
by crojiroo | 2007-08-21 03:47 | ウェルカムボード