東京都府中市・エスペランサステンドグラス工房・教室 エレガントなステンドグラスのウェルカムボード制作

crojiroo.exblog.jp

<   2005年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

芍薬、結婚式にていただきました

「芍薬」 どのように愉しんでいますか?
 
おはようございます(^^)
本日はトラックバックです。和明かりさんのブログでは、いつも素敵な明かりの写真が紹介されていますが、今度は芍薬のお花と明かりでした。
芍薬といえば・・・・・
先日の結婚式ではテーブルにてんこ盛りになっていましたっけ!

アレンジを頂いてきたのを思い出し、
crojirooふうに、ガラスとショットで、窓辺において撮影です。

c0035926_13271972.jpg

         ちょっと私、頭が重いのよねっ・・・・

って感じでしょうか(^^)
立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はゆりの花・・・
というコトバで有名なしゃくやくですが、
あらためてまじまじとみたのは初めてです。

香りもすてきな女性の香水のような香り・・・・

さて、芍薬の向こう側にちょびっと移っているのは、
夫の、「初ステンドグラス」の作品です。

これ、ちょっと変わっているのでご紹介します(^^)

c0035926_13294194.jpg


貝殻入りウィンドウプレートです。
結婚式の花嫁だったTちゃんの、千葉にある別荘へみんなで遊びに行ったときのこと、
海辺で拾った貝殻をあつめて、Tちゃんと夫相手に、ステンドグラスのレッスンをしたときの作品です。
夫「俺、貝殻入れるんだ~~(^^)」
とウキウキと貝殻を集めて拾って洗って乾かしています。
crojiroo「じゃあデザイン画を描いてみようか」
夫「え~~デザインなんかできないよ」
crojiroo「それじゃあさ、まずはこの貝殻を好きなようにならべてみたら」
夫「うん」
そしてぐるぐると渦巻状に貝殻を並べだしました。そしておもむろに鉛筆をとり、
貝殻の周りにぐるぐると円を描いていきます・・・・
夫「できた(^^)」
できあがってみると、なんだか、ちょっとダリの絵画みたいなシュールなデザイン。
しかも、はじめっから、四角じゃなくて、丸で考えるあたり、

    夫って、もしかして、けっこう芸術的なんじゃないのか?!

などと思ってしまいました(プっ)。
出来上がった作品も結構お気に入りで、我が家のガラス専用窓辺に飾ってあります(^^)。
[PR]
by crojiroo | 2005-05-31 13:38 | ギャラリー日誌

緊張しました~~!

土曜日、いよいよ友人TちゃんとUさんの結婚式です。
都内某所の神社にて、神聖な神式の挙式ののち、
なぜか人力車に乗って披露宴会場まで移動し
某ホテルの披露宴会場にて披露宴の開始です。

ウェルカムボードがかざってありました(*^^*)きゃ。うれしい~~~。
様々な友人たちが、写真をとってくれたりしちゃって。
みんなありがとう~~

さてさて、出し物は、以前こちらでもご紹介した、グラスハープの演奏です。

緊張しまくりで、トイレにいくこと数回。
本番までお料理の味なんてまったくわからず。
しかも、なぜかcrojirooの出番は出し物のおおとりを飾るという大役。
心の中で「Tちゃんめ~~~~っ、なぜおおとりなのよ~~~」
と激しく運命を呪いつつ。

曲目はパパパパ~ン、の結婚行進曲と、ミシャのエブリシングです。
この日のために練習に練習を・・・あんまり重ねられなかったけれど
音楽音痴は折り紙つきのcrojirooですが、
一緒に演奏する花嫁のTちゃんに鍛えられつつがんばりました。



も~~~緊張してとちっちゃいました!(><)
Tちゃん、ごめんなさい!!!

というわけで、画像はお恥ずかしくてアップできないのですが、
周りの友人たちはとてもやさしいので、
「演奏良かったよ~~」と言ってくれる肯定的な意見だけを耳にいれておくことに(笑)

結婚式はとても和やかで、明るい素敵なお式&披露宴でした。
花嫁さんのプリンセスのような姿がまぶしいっ!!

2次会の最後では、本来ノリのいい性格の新郎が、やんややんやの声に乗せられて、
花嫁をお姫様抱っこしてちゅ~~~~っとするという、
ものすごいショットもデジカメにおさめることができました。


もちろん

アップはできないのですが!(笑)

どうぞみなさま、芸術的センスと想像力を総動員して、

「よいこ」の有野に似ているの新郎が、ピンクのドレスをきたプリンセスにチュ~~している図を
思い浮かべてくださいませ。


ね。しあわせそうでしょ(^^)

******crojiroo*******

追伸 グラスハープってこんなのです♪♪♪
c0035926_1322260.jpg

ただいま本番前、練習中。。。。
[PR]
by crojiroo | 2005-05-30 19:41 | ギャラリー日誌

木村了子展

c0035926_8544225.jpg


はたして、ブログにのせようかどうか、迷ってしまいました
Beauty of my Dish

です。この題名から、どんなお料理を想像しますか?(^^)
木村さんの場合・・・



c0035926_911084.jpg


                  ひゃ。盛られちゃってます。



木村了子展 ”Beauty of my Dish - 私の男体盛り料理” です。
2005年5月16日~28日 11:00~19:00
(5月23日お休み、28日最終日は17:00まで)

オトナのための愛の絵本「ROSE」刊行記念
span art gallery  東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F
03-5524-3060

ステンドグラスも、独特な美意識の、和のエロティズムな世界です。
実物をみると、ちょっと衝撃を受けます、
なかなか忘れられないですよ・・・・なにしろ、これで、ステンドグラスもつくってしまうんですもの。(^^)
夫いわく「ずう~~と見ていたら、うん、やっぱり、すごい、この人!と思った!」だそうです。
私より、夫のほうがずっと、アート的慧眼があるかも。
[PR]
by crojiroo | 2005-05-26 09:07 | 展覧会紹介

シャネルだってとんぼ玉がお好き?

おはようございます(^^)
エキサイトさんの、画像アップの不具合がなおったみたいでよかったです。

さてさて、画像アップがなかなかうまくいかなくて、ちょっとタイムラグのある映像ですが、
先日黒澤忍さんのトンボ玉を見た同じ日の午後、
銀座で開催中だったトンボ玉展「幽 遊 由のトンボ玉展」にいってまいりました。
トンボ玉の先生と、その生徒さんたちが沢山いて、にぎやかな展示会でした(^^)
なにかひとつ、自分のものが欲しかったのですが、
じっくり見ているうちに、あっという間に閉店の時間に。。。。
「コレ!」と選ぶのがものすごく苦手なので、本当にぎりぎりまで悩んだのですが・・・(><;)
選びきれずにタイムアウト。

ギャラリーの外に出て、おもわず、ふううう~っと長いため息。
外はすでに夕闇が迫り、見上げたその先はシャネルのビルディング。
c0035926_12192478.jpg


キレイです(^^)。自然の緑や景色もきれいですが、たまに、東京の新しい建築や、人工的な明かりなども、はっとさせられることがありますよネ。

明かりに吸い寄せられる夜の羽虫みたいに、
ふらふらとシャネルにちかづいて行きますと・・・・

そのショーウィンドーのなかにも、なんとトンボ玉?!

c0035926_12325697.jpg


金の鎖のベルトに、ずら~~っと並んだカラフルな玉、また玉。
どうでしょうか、ほんもののガラスでしょうか?トンボ玉でしょうか?
通行人の目もはばからず、ガラスにぴったり顔をちかづけて凝視!

c0035926_12341398.jpg

c0035926_12342790.jpg


うん、トンボ玉のような気がする。
でも、ガラスのトンボ玉をこんなに沢山使ったら、
相当重いんじゃないかな、それにお値段もものすごいことになるでしょう・・・?
いや、お値段は、シャネルですしね、銀座ですしね、論外なのかな。

ウィンドー内には、白いコーディネートのお洋服を着たマネキンが4体、
なが~い四肢を素敵にくねらせてポーズをとっていたわけですが、
crojirooはひたすらとんぼ玉をアップで写真を撮っていました。
道行く人々は、ちょっと不思議に思ったかも・・・(><;)

なにかに夢中になるということは、
世間とは微妙に、観点がズレてくる、ということでしょうか。とほほ。
いけません、いけません。
みなさん、シャネルはお洋服やさんです。
とんぼ玉やさんではありませんヨ~。
[PR]
by crojiroo | 2005-05-23 12:43 | ガラス作品紹介

とんぼ玉、有名なガラス工芸の分野です

おはようございます(^^)
今日も朝からさわやかな、週末のはじまりですネ。

通勤電車の武蔵野線からは、晴れた日には富士山が見えます。
ふーじはにーぽんいちのやまー♪
っていうだけあって、遠く府中からも見えるってすごいですね~。

でも、今日は電車の中でうとうとと寝てしまって、
富士山を見過ごしてしまいました。

    でも大丈夫(^^)

今日もめでたい富士山です。

c0035926_11541917.jpg


永遠に散らない桜富士。きゃ~~、すごい世界です。
これ、手のひらに、ちょこんっと乗ってしまうサイズの中に、
凝縮されています。富士山の手前に桜が重なり、遠近感を出しています。

そしておめでたつながりでこちらは
海を力いっぱい泳ぐかめちゃんです。

c0035926_11572694.jpg


みえますか、みえますか?!
大海原をけなげに泳ぐ、ちい~~ちゃな、かめちゃん。
潮の流れがダイナミックです。
たくましく生きていくのよ~っと思わず声援。

そしてさらに、夜のしだれ桜見物に参りましょう。
c0035926_11592931.jpg


ちゃらちゃらちゃん、とどこからか琴の音色が響いてきそう。
金箔をちりばめた濃紺の背景は、まるで宇宙のようです。

こちら、奈良から最近上京された、とんぼ玉作家、黒澤忍さんの魔法の世界です。
黒澤さんはとんぼ玉をはじめる前には、歌舞伎の裏方さんのお仕事をされていた、
という経験をお持ちの、笑顔がひまわりのような、明るいお姉さんです(^^)
歌舞伎好きが、とんぼ玉の「和」な世界に影響しているのでしょうね~。
今朝は開店そうそうから、黒磁廊まで作品をもって来てくださいました!

というわけで、今朝からおめでたいものをてんこもりで拝見させていただいたので、
今日のcrojirooはものすごい幸運なはず!

花咲かばあさん並みに、皆さんにも幸運がびゅんびゅん届きますように・・・・(^^)
[PR]
by crojiroo | 2005-05-21 12:10 | ガラス作品紹介

相変わらずハマっております

今日は、初夏を予感させるような暖かさでした。
たまりにたまった雑用を片付けるため、銀行や郵便局を巡り歩いている途中で、
もうがまんできなくなって、念願のスタバでお茶!をしてまいりました。
さすがにこの暑さでは、
キャラメルフラペチーノです(^^)。
おいしかったです~~。ほんの2~30分ほどの自分の時間、でしたが、
ほ~っと一息つける時間って、自分を冷静に振りかえることができて、貴重です。


さてさて。最近はステンドグラスの依頼作品に追われつつも、
ガラスアクセサリーのランクアップを目指して、
またまたフュージングにチャレンジ中です。

c0035926_1959555.jpg


焼きあがったガラスを並べるのがとっても楽しい(^^)
人間って、どうして、キラキラしたものにこうも弱いのでしょうか。

今回は透明なガラスとガラスの間に、2~3色の、透明系の青色やピンク色をはさむことができました。
c0035926_2072530.jpg


んんん~~。
でも、アクセサリーとしては、やはりただチェーンに通すだけよりも、
これにさらにアクセサリーデザインを施して、ランクアップさせたいところ・・・。
*SU*さんも、色々なバリエーションを作ってくれています。
また後ほど、ひとつひとつのバリエーションもご紹介したいと思います。

プレゼント企画までもうしばらくおまちください~
(はやくしないと夏になっちゃいますね!苦笑)
[PR]
by crojiroo | 2005-05-19 20:14 | ガラス作品紹介

ピンの悲劇


c0035926_9241851.jpg


このあと、*SU*さんが飛んできて、
ぐちゃぐちゃになったピンの山に絶句・・・・
[PR]
by crojiroo | 2005-05-18 09:30 | 常設・天然石のアクセサリー

生徒さん、作品完成!

お教室では、生徒さんが始めての作品、直線の幾何学模様の鉛線組みパネルを完成させました・・・!はじめてで、いきなりの大作、無事完成して本当によかったですね、Oさん!(感涙!)なんだか私もすごくうれしいです。ちょっと、自分の作品が完成したよりうれしいかも・・・!

c0035926_448247.jpg


なぜだろ?ちょっと考えてみたのですが、
もしかしたら、自分の実力の程度は自分でわかっているから、ある程度の完成が予測できるけれど、
生徒さんに作ってもらうということは、生徒さんを通して、生徒さんの作品を、生徒さんと一緒に作っている、というような、不思議な感覚なのかな、って思いました。

太陽の光を浴びると、赤や青の色彩が床に伸びます。
ステンドグラスの醍醐味ですね~!
南仏のほうの、白いコテージの階段の上がり口に、ぽろっと入っていそうな、
ぱっと咲いたお花のような色彩です。

生徒さんの自宅の窓のサイズに近いサイズで作ったので、
はじめての作品から、両手でうんしょ、うんしょ、と持つような
大作になりました。

おうちに飾ったら、お部屋もぐぐっと雰囲気が変わりそう~♪
ステンドグラスは一緒に生活するともっと愛着がわいてきますから(^^)!
次は曲線をメインにした作品に挑戦です。


さてさて、搬出の合間をみて、美容院へ・・・スタバへ・・・映画館へ・・・行くはずが、
本当にしていたのはやっぱり制作なのでした(^^;)
今月末、結婚式をあげる友人からの依頼で、
ステンドグラスのウェルカムボードをつくりました。
c0035926_437824.jpg

文字部分は、専用の絵の具による焼付けなので、
もう水洗いしても大丈夫。
結婚式後は新居の窓辺に飾ってくれることを願って、透明なガラスに流れ模様の入った
シンプルなガラスをメインにして、
全体の雰囲気は、友人のTちゃんの好みに合わせて制作しました。
気に入ってくれるとうれしいな・・・(*^^*)
Tちゃん、Uさん、末永くおしあわせに・・・!
[PR]
by crojiroo | 2005-05-17 05:01 | ウェルカムボード

作家インタビュー:岡本常秀さん

岡本 常秀  Okamoto Tsunehide
 1996年 岡山県立林野高等学校 卒業
 1998年 東京ガラス工芸研究所 卒業
        川崎アートガーデンかわさき グループ展
        デンマークGlass Museum Comgradyatod’98 入選
        能登島ガラス工房
 1999年 金沢市香林坊アトリオグループ展
        小樽K’s BLOWING
 2000年 札幌大同ギャラリーグループ展
 2001年 日光グラススタジオポンテ
        宇都宮ギャラリーグループ展
        南風の風生活文化展2001 入選
        ギャラリー伝七グループ展
 2002年 宇都宮ギャラリーアクール個展
        津山市くらやアートホール グループ展
        日本芸術鳳凰賞 受賞
        Glass Studio Toos設立
        日中邦交正常化30周年記念 日中書画文化賞 受賞
 2003年 藤原典子・岡本扇翠 和紙とガラスの芸術展 開催
        にしき園ギャラリー個展
        日本芸術功労賞勲章受賞
        広島県 はつかいち美術ギャラリー
        扇絵特別展 協賛出品
 2004年 国際文化親善大使 栄誉賞 受賞
        倉敷市日本郷土玩具館 個展
        古代ガラス復元展示 オリエント美術館
        岡山市テトラへドロン 個展
        銀座ギャラリーカンディード 個展
 2005年 雛祭り展 グラスホッパーギャラリー東京
        岡山ギャラリー濱田 個展
        青山書道家二人展
  サンフランシスコ・大阪・広島・岡山に常設展示

ガラス工芸を知って、それをはじめるきっかけとなったことについて教えてください。

1、高校2年生の時に、父が1冊の本をくれました。その本はガラス入門と言う本で、それまでガラス工芸について何も知らなかったのですが、こんな世界があるんだと思い、その本の裏に載っていた能登島ガラス工房に電話をしました。そして、高校3年生の夏に能登島ガラス工房の夏期講座に行きました。そこで、東京ガラス工芸研究所に通っている人たちと出会い、ガラスの面白さや、難しさを知り高校卒業後、東京ガラス工芸研究所に入りました。

2、学校や教室での日々で一番思い出となっていることはどんなことですか?
学生時代うれしかったことや、悩んでいたことなどはどんなことですか?

2、学校にはあまり行ってませんでした。学校が嫌いなわけではなく、なんとなくブラブラしてました。多分、ガラス以外に色々興味を持って、本当にガラスをやって行くのか悩んでいたんだと思います。でも、ガラスをやっていてガラスより好きな事が出来たら辞めればいいやと思えてきたら、自然とガラスに打ち込めるようになりました。

卒業後、作家として独立するまでの経緯についてお話ください。

3、東京ガラス、能登島ガラスと学び、北海道の小樽の工房へ就職しました。そこでは、学生時代に学んだ技術や考え方を一から叩き直してもらったと思っています。その時は何でとか言ってつっかかっていましたが、今となっては私がガラスを続けているのも、今の私がいるのも、小樽で学んだ事と思っています。その後、日光のガラス工房に移りそこでは自由に作品を作らせてもらい、試行錯誤して今のスタイルを見つける事が出来ました。そして、岡山に工房を持ち今にいたります。

4、作家として制作を続けていくために、大切なこと、大変なこと、得意なことなどはどんなことですか
4、吹きガラスをやっていて私はアシスタントを雇っていません。チームで吹けば簡単な事も、一人でするには大変な事がよくあり、もう1本2本手が欲しくなる時もあります。でも、そのおかげで、自分らしい色とかに気が付けたかなと思っています。岡山の田舎で工房を持っているので東京とかに行ったら東京に住んでいた時に解らなかった色々な刺激をもらえます。あと、大切な事、大変な事、必要な事は、やっぱり続ける事でしょう。

5、工房やアトリエを運営して行ったり、作家としての自己のキャリアを築いていく上でうれしいこと、たのしいこと、あるいは、難しい、大変だな、と思うのはどんなことですか

5、そんなに難しく考えた事がないですけど、嬉しい事は この作品良いですね
と言って目の前で自分の作品を評価してもらえる事ですね。すごく贅沢な事だと思っています。自分で工房を運営する事は、知らない事や、訳のわからない事や、いっぱいあるけど、好きでやってますから。

6、ガラスを続けていく中で、現在のご自身の目標や、こんな表現を今後も目指していきたい、など、作品に対する思いを教えてください

6、物を作っている人はみんなそうだと思いますが、自分らしい、自分にしか出来ない、人が見て私の作品とわかってもらえる物を作りたいです

******crojiroo*******
岡本さんはなんとまだ20代の若さです!岡山でご自身の工房を構え、ガラスの仕事に打ち込んでいるその姿勢、作品、ガラスに対する研究の深さなど、とても素晴らしいお仕事をされる方です。
自分にしか出来ない仕事を・・・ということですが、岡本さんのスタンドランプは、見ただけですぐ、「あ、岡本さんだ!!」とわかる、質の高い作品です(^^)
岡本さん、遠いところからご参加いただきありがとうございました!
[PR]
by crojiroo | 2005-05-16 13:00 | 展覧会紹介

癒されライト

こんばんは、しばらくご無沙汰してしまいました。
展覧会も本日で無事後半戦終了です。
後半はお客様がほぼ絶えない感じで、なんとなく忙しい日々でした。
はあ~日々に追われて・・・・なにか、こう、癒されたい・・・・と思うこの頃。

そんなときは、夕暮れ時から急に存在感が増してくる、
こんな明かりがナイスです。
c0035926_1544833.jpg


c0035926_1553566.jpg


天井からながーいコードをたらして、あえて床面付近にまで接近させた、
吊り下げ型フロアライト、というのでしょうか。

c0035926_1565652.jpg


足元に明かりがくるって、
普段は見慣れていない場所にあるのが、なんというかカッコイイのです~。

c0035926_158763.jpg


そしてこちらは同じランプでも、スタンドタイプのライト。

c0035926_1585026.jpg


c0035926_159513.jpg


c0035926_1591749.jpg


ガラスのホロの部分もさることながら、土台の部分もなんと、ガラスです。
パッとみた感じでは、「陶器かな?」という印象ですが、
「いえいえ、ガラスなんです」というと、
みなさん、「ええ~これがガラス??」と驚かれます。
ガラスって色々な表情があるのが、また魅力なんです~(^^)

******crojiroo*******
「光と闇のガラス展」無事終了いたしました。
皆様のご来場、ご声援、ご意見ご感想ありがとうございました(^^)!
遠いところからわざわざ出かけてきてくださった皆様、
おいしい差し入れをくださった皆様、
そして作品を気に入ってくださった皆様にこころから感謝いたします。
そのお声のおかげで、crojirooはエネルギーを充填、またがんばれます(^^)。

さてさて、月曜より搬出が始まります。
最近ちょっと冬に逆戻りのような寒さですが、そろそろ、お天気が回復してくれるといいですね(^^)
搬出の隙をみつつ、
「美容院に行って(もう何ヶ月行っていないんだ?!)
スタバでお茶して(もう何ヶ月行っていないんだ?!)
お洋服を買って(もう何ヶ月買っていないんだ?!)
映画館で映画を見たいです。(もう何年・・・)」
でもそれはたぶん・・・・半分も出来ないんだろうなあ・・・・(;。;)。
[PR]
by crojiroo | 2005-05-16 02:01 | 展覧会紹介