東京都府中市・エスペランサステンドグラス工房・教室 エレガントなステンドグラスのウェルカムボード制作

crojiroo.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カリキュラム案2 ロイヤルなサンキャッチャー

栃木県小山のアトリエ(準備中)でのレッスン用に、
サンキャッチャーをつくってみました。
c0035926_16283748.png


デザインは、色々作ってみたくて何種類もデザインしたのですが、
その中から、今回は王冠と盾と十字架。ロイヤルな感じですね。
サンキャッチャーなので、本当は窓辺につるして
太陽の光をキャッチしている画像を写真に撮りたいのですが・・・

c0035926_16291032.png

残念!
マンションが現在外装工事中で、このありさま(><)!

困った・・・工事は来春までかかるそうで、
写真撮影ができません~~~~
写真もそれほど得意じゃないのに、背景がさらに酷い~~~~がっくり。

さて、このサンキャッチャーは、初心者さんの入門用に!と
うんうん考えてデザインしたのですが
作ってみると、意外に難しい。
曲線カットだし、王冠のデザインって、ガラスカット的には
ちょっと上級者向けのカットラインです。
こんなにさりげない、小物なのになあ。

正直なところ、ステンドグラスって、小物になるほど難しい気がします。
小さくなればなるほど、型紙づくりからガラスカットまでの正確さ、
テープの巻き方の丁寧さ、はんだ付けの難しさが出てきて。
普段は大きなパネルばかり作っているので、小物にちょっと四苦八苦しました。

色違いもいろいろ作ってみたかったのですが、
府中のアトリエで作業中に携帯電話が。
「娘が39度の熱~!早く帰ってきて~!(夫より)」
そんなわけで今回も超特急で作業。
とにかくチャーム3つだけ仕上げて、組み立ては家で!

ふう。時間が欲しいなあ・・・(つくづく)






[PR]
by crojiroo | 2013-12-30 16:40 | ステンドグラス教室

北の6畳を片付ける日!

今日は、「自宅に小さなアトリエをつくる」という目標のため、
自宅の北6畳の洋室を片付けています。

片付け・・・!
才能ないんですよね・・・!!!
もう、幼稚園児よりひどいくらい、だめだめです。

さっき、長年使っていなかった発泡スチロールの端材
(いつかなにかに使うかも、使うかも、使うかも・・・って取っておいて
はや7年・・・いやー、使わないですね、とほほ。)
を巨大ゴミ袋3袋分捨ててきました。

で、またしても、倉庫部屋に戻って途方に暮れて・・・
いまブログに逃避しにきています。

はー、がんばらなくちゃ。やらなくちゃ。
今日は、私が片付け宣言をしたために、夫が息子&娘を実家に連れて行ってくれているので
今日だけなんです、時間があるのは!!

そうなのよ。
今日だけなの!

あー・・・・嫌だけど、嫌嫌マックスですが、がんばります~
[PR]
by crojiroo | 2013-12-22 15:14 | ステンドグラス教室

ステンドグラスとスチームパンクの融合ってすごく相性がいい

スチームパンクってご存知ですか?

今日ご紹介するのは、先日黙禁会&1ROSEの展覧会で
息子がすっかりはまってしまった、
「スチームパンクとステンドグラスの融合した作品」を創作している
静岡のステンドグラス工房 霽月(セイゲツ)さんの作品です。
掲載許可がおりましたのでご紹介いたします。

かっこいいですよ!
まずは、息子が夢中になって撮影した写真をどうぞ^^
c0035926_13100426.png
c0035926_13104178.png
c0035926_13102576.png
c0035926_13105247.png
子どもの好きなものへの情熱ってすごいですね!
どの写真も、なんのトリミングも行っていません。撮影時もカメラを任せきりにしてみたのですが、
この作品のカッコ良さをあますところなく映し出していると思います。
カメラを通して、好きなものへの愛がにじみ出るって本当だわ・・・とつくづく思いました。

スチームパンク、知らない世界でした。
あれから気になって書店で関連書籍や写真集を立ち読みしました。
おおお。
SFな世界です!(うわ、私大好物です!)
それも、近未来じゃなくて、むしろアンティークっぽい、ジャンクっぽい、かっこいい、どこか異世界のSF世界みたいな。
これは、ステンドグラスとの相性が抜群の、そして「男子ばかうけ」な世界です。
私もすごくかっこいい世界だと思いました。
霽月さんは、実際にお会いしてみると、穏やかで、すごく優しい男性です。
そして子供うけも抜群♪
よかったら、ステンドグラス霽月さんのHPも見てみて下さいね。
これからもどんどんスチームパンク・ステンドグラスの世界が広がっていくのが楽しみです。
静岡方面の方は是非どうぞ~



[PR]
by crojiroo | 2013-12-16 13:19 | ステンドグラスギャラリー

小山のおしゃれな雑貨店Hibito(ヒビト)さんへ

今日は風の強い一日でした。
自宅の一室のアトリエ化にともない、欲しかったものを、小山市のおしゃれな雑貨店Hibito(ヒビト)さんに
買いに行きました。
壁掛け時計が欲しくて。
電波時計で、アンティーク風の時計をゲット。
在庫を出してきてもらったら、見本のアイボリーよりピンクがかったシャビー感。
ピンク!
そうそう、こっちのほうが、いいです!ピンクがすてき!
デザインでも、紫系やピンク系のガラスを扱うことが多いので、
新しいアトリエにぴったり。
ちょっと嬉しくなりました。

ヒビトの店主のくまちゃんさんとは、東京の某セミナーで偶然知り合いました。
この広い世の中で、なぜ小山の二人が東京で出会うのか、ちょっと不思議で楽しくて。
同い年でのくまちゃんさんがとってもお話上手な雰囲気のいい方で、
ついついお友達にならずにはいられないタイプなんですが、
お店も順調にお客様が定着しているみたいで
やっぱりお店の運営って、お店に立つ人の人柄によるところが非常に大きいようです。

そのあと、ニトリへ。
ニトリにも、おしゃれで安い時計はいっぱいあるけれど
でも全然買う気になれませんでした。
ヒビトさんで買った時計のほうが私には大事。
だって、お金のやり取り・経済活動って、人とのつながりです。
同じお金を使うなら、人と繋がれる使い方をしたほうが断然いい。
量販店での買い物じゃ、目的のものはゲットできても、
それ以上の何かは得られないです。
でも、個人経営のお店にわざわざ出向いていくわずらわしさを選ぶのは、
そこに買い物以上の何かがあるから、なんですね。

最近近所に出来た、自宅兼美容院という、小さな個人経営の美容院があります。
同じマンションの中のいい友人ママさんたちが
「良かったよ!行ってみて~」って言っていたので、
ぜひ行ってみようと思います。
美容院も、お人柄が出ますよね。

地元に根付いたビジネスを展開するって、まずは地元のビジネスの輪に飛び込んでみることが大事。
府中では、もともとが地元なのですでに溶け込んでいたら、その段階は必要がなかったのかもしれません。

病院でも、美容院でも、八百屋さんでも洋服屋さんでも。
たとえば県外から転勤などで来たひとは、当面は、
今まで通り、大手のファストショップや大きなスーパーを利用すれば生活できてしまう。
だから、かえってそれが、地元に根付きにくい原因なのかも。
逆に地元に根付いている人ほど、個人経営の素敵なお店をいくつも知っていてひいきにしている。
なにか困ったことがあると、ちょっと地元の人に聞いてみると、意外なアイデアが出てきたりして。

人脈を広げるって、頑張らなくても、
毎日生活する中でちょっとした日々の選択を気を付ければ、いくらでも広がっていくものなんですね。




[PR]
by crojiroo | 2013-12-16 06:01 | ステンドグラス教室

小山のミニアトリエでのステンドグラス教室・カリキュラム作品を試作中

c0035926_14455132.png
今日は府中のステンドグラス教室の日。
今年最後のレッスンになりました。

府中のお教室は、皆さん本当に長く長く続けて下さっています。
そして生徒さんたちは本当に魅力的な方ばかり。
いつもレッスンをしながら、私の方が、
「育児」や「人づきあい」や「人生」について教えて頂くことも多いです。

今日のお別れの挨拶は、「よいお年を~!」
こんなご挨拶を交わしていると、師走なんだなあって実感します。

5時過ぎに生徒さんたちを全員送り出したあとは、
猛烈な勢いで制作します。
なにしろ、7時半までしか自分の制作が出来ません。
(7時で電車に飛び乗らないと、栃木まで2時間半はかかるので
駅地下の駐輪場が閉まっちゃうのです!)
2時間半、ぐわーっと集中。
今日は、小山で開くレッスンのカリキュラムのための作品の一つを試作しました。

上記画像がそれになります。
全て直線カットで作れるハウス型のサンキャッチャーなのですが
くうっ。惜しくも、トップに取り付け輪、下部に飾り輪をつける前にタイムアウト。
急いでハンダしたので随所がぼろぼろ。ハンダももうちょっといろいろやり直しです。
デザインも、もうちょっと考え直さないと、初心者さんには難しいところがあるし・・・
ハンダを黒染めしたらどうなるかな。
ガラスとガラスを重ね合わせた色って大好きなので
そんなちょっと凝った立体の構想が早くもむくむくと。
工房で余りガラスの色合わせをしていたら、生徒さんたちが「わたしもつくりたーい!」と
叫んでいましたっけ。
どんどん色々なものが作りたくなっちゃうんですよね。

でも、次にアトリエに行けるのは1月半ば過ぎ・・・
いやもう、無理すぎる。時間が圧倒的になさすぎる。

作業できるのが、月に2回、2時間だけなんて。
こんな調子で自分の作品なんて出来ない!

頑張れば出来るはず出来るはずって、自分をだましだまし頑張ってきた7年間でしたが
こんな状態で我ながら、よくもまあ、投げ出したりせず、自暴自棄にもならず続いたものだと思います。
それはきっと生徒さんたちのおかげなのです。
生徒さんたちがいてくれたから、辞めずに続けてこれた。
こんな状態でも、なんとかウェルカムボードを仕事として形にしてこれた。
それだって、ぜひ私に、とウェルカムボードを発注して下さったお客様がいらしゃったから、
続けてこれたことです。

そして気が付いたら、ステンドグラスを始めてすでに17年。
同じクラスで一緒にステンドを勉強していた仲間の一人は、今や世界的な万華鏡の作家になっていたり・・・。
それをひっそりと栃木の片隅から応援しつつ、
自分は全く制作できない日々にストレスが溜まり、
不眠症になったり、じんましんが出たり、喘息おこしたり、
とにかく何か作っていれば気持ちが落ち着くからと
卵の殻でモザイクしてみたら、ステンドが出来ない反動からか、
卵殻モザイク技法をものすごく追及してしまったり(笑)。
これはこれで、一つの技法として形にしたいですが、でも。

でも。
でも!

来年からようやく、ようやく、自分の時間が持てる!
自宅にミニアトリエが作れる!
その道筋が見えたら、むくむくと、積乱雲のように「ステンドグラス作りたい!」病が。
毎日数時間でも出来るなら、つくりたいものや試してみたい実験がありすぎます。

しばらくは自分自身の作品作りに没頭しようと思っていたら、
ブログに「小山にアトリエ作ります」と書いて即日、
すでに小山のレッスンへのお問い合わせがきてびっくり。

どうしよう!まだアトリエどころか、北の部屋の荷物の整理すら、始めてない!
ああ、でも嬉しいな♪急いで小山のミニアトリエ(準備中)でのレッスンのカリキュラムをつくらなくちゃ。
アトリエが小さすぎて鉛線などの本格的なステンドグラスの組み上げが出来ない分
エスペランサ小山教室独自の魅力的な方向性を打ち出さなくちゃ、というわけで、
ここ数日、寝ても覚めてもウンウン唸りつつ、いろいろコンセプトアイデアを練り練りしました。

で、決まりました!
エスペランサステンドグラス小山教室のコンセプトは・・・

【目指せステンド雑貨作家デビュー!
基礎からしっかり学びながら、大人可愛いステンドグラス雑貨がつくれるようになる8つのレッスン(入門編)】
え?
題名を決めただけじゃないかって?
そーでーす。
こうやって方向性を決めて、カリキュラムの題材とデザインを考えるのデス。

正直なところ、課題が8個で収まるかどうかすら怪しいですが、8っていうのは縁起のいい数字で昔から好きなのです。
もちろん、カリキュラムを開発していくうちに方向性が変わることもあるかも。
それでいいのです。
まずは登る山を決めないと、いつまでも、どこへも出発できないのです。
出発してから、やっぱり近所の浅間山じゃなくて八ケ岳に登ろうってことだってあるのですが。
でもエベレストに登っちゃえってほどハードなことはしませんヨ。
(あ・・・府中教室は、エベレスト並みにハードカリキュラムですが・・・)

今回は、「ステンドグラスをつくったことはないけれど、色ガラスのキラキラが大好きで、
難しそうじゃなかったら、やってみたいなあ」という大人女子向けのコース設定です。
でもプロ作家を目指すため、しっかりお勉強もしますよ!特に色彩学と、照明学。

・大人可愛い!デザインのステンド雑貨課題8つ
・売り物として通用する美しい細部をつくるためのコツ
・色彩学および照明学に基づいた、ガラスの色合わせ理論の説明
・道具や材料を長く使うためのメンテナンス方法
・リペア技術(~割れてしまったステンドグラスを直したい~)

これらに、

・手作り雑貨ネット販売サポート

をオプションでつけちゃうってどうでしょう?


[PR]
by crojiroo | 2013-12-15 00:44 | ステンドグラス教室

来春から、自宅工房をつくります

来春から栃木県小山市にある自宅内に、ちいさな工房をつくることにしました。
ブログもスキンを変えてリニューアルしました。
ロゴマークも作りました^^
c0035926_04501110.pngさて、下の子が幼稚園に入学する来春から、
本格的に自宅のある小山市でも、自宅近所に作業工房を構えたいと考え、
ネットで小山市の不動産をあたりました。
このあたりではワンルームで2~3万も出せば、8畳くらいの広さが手に入ります。
東京とは比べ物にならないほどの安さです。
でも、今までの経験を振り返ると・・・
部屋を借りれば家賃のほかに、水道代、電気代がかかってくる。
固定費はさらに増える。
事業を始めるに当たり、もっとも切り詰めるべきは固定費。
とすると、自宅マンションの、今は物置部屋になっている
極寒の北の6畳を有効利用するしかない。
ものすごく、寒いのですが・・・エアコンを入れ、電気代をその分払っても、
多分、外に工房部屋を借りるよりいいと思われ。
収支プランを簡単に算出して夫にプレゼン。
「うん、そうだねー、ここで始めるのがベストだね」と賛成意見をゲット。

さて、自宅の一室を工房化するため、今日もせっせと紙と鉛筆でプランを練ります。
8年間も工房をやっていると、工房内の動線がいかに大切かがわかってきました。
スムースに、コンパクトに動けること。
収納が、作業しやすいように出来ること。
落ちたガラスの屑やごみが、素早く掃除できること。
効率よく換気できること。
そして居心地がいいこと。

機能を重視するとおしゃれな雑誌で見かける様な、
素敵な工房とはかけ離れてしまうのですが・・・憧れますよね~おしゃれサロン。
でも、まずは1年間、方向性模索のための制作とウェブ対策に力を注ぐ計画なので
ここは現実的に考えましょう。
むき出しのコンパネで十分。
100均の収納グッズで十分。
その分、別のところに費用をかけましょう。
例えば広報。
私は広報活動が苦手で・・・広報は本当に課題です><;

「先生、もっともっとどんどん宣伝しなくちゃもったいないわよ!!」
と、府中の工房の生徒さんたちには日々はっぱをかけられています。

まずはフェイスブック登録かな?
あ、その前に、北の部屋の大量の荷物を、なんとかしなくちゃなあ・・・。

[PR]
by crojiroo | 2013-12-11 05:12 | ステンドグラス教室

池袋・明日館で黙禁会の展覧会でした

今日は、7歳の息子を連れて、ステンドグラスの展覧会へ行きました。

c0035926_2354665.jpg


2年に一度のペースで開催される、学生時代の仲間たちの集まる展示会です。
開催場所も毎年決まっていて、池袋の明日館です。
私は毎回展覧会のDM制作係なんです。

息子はある作家さんの、SFっぽい立体のステンドグラスがとっても気に入って
沢山写真を撮ったのですが
その作家さんに写真掲載の了承を頂くのをうっかり忘れてしまっていたので・・・
残念ですが画像はなしで。
本当に興味深くて美しい作品がたくさんあって、お客様もひっきりなしに来ていて楽しい展覧会でした。
2年後の次回の展覧会には私も出品できるようにがんばります。


会場では懐かしい方々と沢山お話をして、その後はお昼を食べに、
息子と、私の友人で、木工作家のO君と3人でレストランへ。

このO君。私の10年来の友人で、とっても腕のいい木工の職人さんです。
しかも性格も穏やかで優しくて、誰に紹介しても、
「なんていい人を紹介してくれたの!」と感謝されるくらい。
まだ30代半ばと若いのに、とても人間のできた男子です。
ステンドグラスの仲間のおじ様おば様方からもかわいがられて
今日もいくつか仕事を頼まれていました。
よかったねー、O君。

わたしは、彼に来年から自宅の一室を簡易的に工房に改造する件で、
作業台と簡単なガラス収納棚、窓に換気扇をとりつけてもらえないかを相談。
賃貸なので、できれば釘打ちとかしない方向でお願いしたいんだけど・・・と。
すると、訥々としたいつもの口調で
「うん……大丈夫、できるよ」とにっこり。
どんな面倒な仕事でも、いつも嫌な顔一つせず引き受けてくれるんです。
あー、本当に頼もしい。
彼に任せておけば、いつだって期待より150%増でいいものをつくってくれるんです。
これで一安心だ。

O君には、「FACEBOOKは、やったほうがいいよー」とおすすめされる。
うーむ。やっぱりそうか。そうなのか。
よし。
今年は、「人にアドバイスされたことは全部素直に実践してみる」という目標を掲げてきたし
これはもうやるっきゃないですね。


その後、O君にサンシャインの場所を教えてもらって
息子と一緒にサンシャインの展望台へ。

東京の夜景はやっぱり絶景ですね。

それから6時ごろ、姉夫婦と、息子の従兄弟にあたる兄妹と待ち合わせて夕飯。

今日は朝から頑張った息子は、帰りの電車の中で撃沈。
軽いいびきをかきながら爆睡していました。
[PR]
by crojiroo | 2013-12-09 02:36 | 展覧会紹介